RCA 44BX

TYPE Ribbon Microphone  QUANTITY 2

永久磁石の極間を薄いアルミ箔、初期の頃は薄いジュラルミンのリボンが動く事により、電磁誘導によって電圧を生成すると言うマイクの基本動作原理、いわゆる歴史的存在といっていいマイク。

RCAのハリー・フォーミュラー・オルソン博士が1920年から開発し、44BXの前身44Aは1932年に発表された。

主体的には、ナレーションの対話収録に適し、指向性は双指向(8の字)オンリーであり、音色もセピア色を感じさせる、暖かいオールドファッション的感がある。リボンであり、双指向を考慮すると使用に際しては、細心の取り扱いと、楽器使用では背面からの「カブリ」に充分注意する必要がある。

Text by Susumu Ohno

指向性フィギュア エイト
フィルターM、V1、V2
パッド