RCA 77D

TYPE Ribbon Microphone  QUANTITY 2

このマイクも、世界的に有名なリボンマイクと言っても過言ではない。ビンテージリストには、必ずと云っていいほど掲載され珍重されている。最近では、その良さが評価され AEA (Advanced Electoronic Applications) という会社からレプリカが発売されているほどである。

このマイクの最大の特徴は、指向性が U (単一)、N (無指向)、B (双指向) の通常3種類の他に、L1・L2・L3の3種類が加わり、6種類の指向性を可変出来る事にある。L1は双指向に近く、L2・L3に行くに従って、単一に近くなる変化をする。方法としては、マイク背面のシャッターを機械的に開閉する事で可変している。その他、マイク本体の底部には、これも機械的にアジャストするローカット機能があり、Mは楽器用でF特はフラット、V1はVocal用で200Hzからカットカーブが始まり60Hzでは-12db位。V2もVocal用で、300Hzから減衰し60Hzで-17dbのカーブをしている。(単一指向性時) 77DXとの比較の為に、77Dはアウトプットのインピーダンス50Ω、250Ω or 600Ωで、アウトプットレベルはB (-54.3dbm)、U (-57.3dbm)、N (-60dbm) である。これに対し、77DXはインピーダンス30Ω、150Ω or 250Ωで、アウトプットレベルは、B (-50dbm)、U (-53dbm)、N (-56dbm) である。

Text by Susumu Ohno

指向性カーディオイド、オムニ、フィギュア エイト、L1、L2、L3
フィルターM、V1、V2
パッド