RCA 77DX

TYPE Ribbon Microphone  QUANTITY 2

このマイクは、77Dの改良型でTVを意識した艶消し塗装や、RCAマークが目立たない仕様のものもある。機能的には、77DXと余り変わりは無いがアウトのレベルが多少違う。音的にはナレーションに多用されるが、津軽三味線や琵琶等のアタックの強い弦楽器やパーカッション等に使用されている。

エンジニアによっては、ヴォーカルやナレーションの単独収録には、L2が非常に良い音で録れるとか、エンジニアの経験値で判断されるケースが多い。

77DXも77Dも楽器が多い編成で録音する場合、指向性の確認をシッカリして、注意して使用されたい。

アウトプットインピーダンスは30、150 or 250 ohms。アウトプットレベルはB (-50dbm)、U (-53db)、N (-56db) である。

Text by Susumu Ohno

指向性カーディオイド、オムニ、フィギュア エイト、L1、L2、L3
フィルターM、V1、V2
パッド